STSストーリー

STSストーリー:株式会社メディアファクトリー 様 - お客様が描く情報システム部門を、お客様と共に創り上げる。

今後も様々な提案を通じて、
ご期待に添えるような活動を続けていく。

榎本:今後、システムサポートに対してどんなことを期待されていらっしゃいますか。

川原:そうですね。社外向けのシステムは事業を展開している部署が企画構築しているのですが、お互いに役割が明確になってない部分も多少あるんですよね。
業務系のSEとコンシューマ向けのSEって、センスも含めて人種が違うと思うんですよ。しかもインフラもあるしアプリもあるし。バリバリ開発する人がすごくパソコン詳しいかというと、そうとは限らないじゃないですか。でも、そのあたりも含めて期待されているのが情報システム部門なのかな、とも思いますが。
だから、そういうあいまいさが明確になってきた時に、さらに「じゃあ、これもよろしく」って御社に言えるようになると、一番うれしい。そうすれば私も総務や経理の業務に専念できるわけですから。

榎本:ぜひご期待にそえるように頑張りたいと思います。
3人の常駐メンバーは、ヘルプデスク業務やアプリ開発、メンテナンスが主務ですが、3人も自分たちなりにどんどん自ら動いてやっていこうという思いはあるようですし。

川原:それは私自身も感じられますね。今挙げられた業務以外にも、ホームページインフラや業務の基幹インフラもひっくるめてやってもらえないか、という話もしていますが、まあ、その辺りは急にできるものではないんですけど、彼らなりに具体的に動いていこうという姿勢は充分見えていますね。

榎本:3人は現場のユーザさんと直接やりとりさせていただく機会も多いと思うんですが、そういう方々からの反応なり評価なり、そういう意見が川原さんの元に届いていれば、ぜひそれを教えていただけますか。

川原:現場から実際に要望があって、それを聞いた上で求められている物を作るわけじゃないですか。だからそれは当然喜ばれていますよね。我々からすると、システムを作って、ボタンをポチッと押すと何かができる、それは当たり前のことなんですが、現場ではそれによって業務の効率化が実現できたり、さらにその先にある目標の達成にもつながりますからね。
それに、派遣社員さんとの違いはよく言われますよ。さっきも言いましたが、どうしても派遣社員の場合は契約形態的に高い目標達成を求めるのが難しい。その辺りは、現場では高く評価してもらっていますね。

榎本:ありがとうございます。他に当社に対して望まれることがあれば、ぜひお聞かせください。

川原:うーん、そうですね。まあ、我々規模の会社はどこの会社もそうだと思うんですが、情報システム部門というのは人も少なくて孤独な部分があるんですよね、会社の中でも。特に常駐エンジニアの場合は、モチベーションを保つこと自体も難しい時があったりして。私もベンダーに勤めていたことがあって、長い間常駐した経験がありますから分かるんですが、不安になるんですよね。でも、そんな中で、自分で判断して動くことも求められる。 そういうことを考えた時に、例えば他社のシステム部門の場合はこうなっている、などの話がいただけると非常に参考になりますね。

榎本:なるほど、体制とかポリシーとか、そういう面のお話ですね。

川原:そうです。たとえば、我々と同じような規模の他の企業では、こういう体制で情報システムに取り組んでいるとか、同じような課題を抱えているとかね。そういう他社の例を考慮した上で、いろいろな提案を積極的にいただけると非常に心強いですね。そういうことはベンダーの営業マンにはなかなかできないことだと思うんですよ。
こちらが今悩んでいることに対して、ピンポイントでそんな話をさせていただければとても助かりますし、時には、自分の判断は間違っていなかった、と再認識できますからね。

榎本:そうですね、今後はそういう部分についても、いろいろご提案させていただいて、ご期待にお答えし、引き続きお付き合いをさせていただければ、と思います。

◇ 福田様からの特別コメント

福田 広司 様
株式会社メディアファクトリー
取締役 経営管理部 部長

弊社の現状ですが、会社の業績に影響するくらい、IT機能の重要性が高くなってきており、システム部門としてももっと業績に寄与できると考えています。
たとえば

  • 基幹系業務の効率化による営業コスト、物流コストの削減
  • ホームページや商品サイトのプロモーション機能の向上
  • コンテンツの配信ビジネスや電子書籍ビジネスに対しての提案
などは業績貢献の可能性が十分あると認識しています。

御社には、管理部門のシステム担当として社員と同じような立場で積極的に課題解決してもらっていたのですが、今後はコンサルティング的な機能や我々のレベルアップ支援など、さらに要望を広げさせていただきたいと思います。
具体的には、業務システムやコミュニケーションシステムについては個々のシステムだけではなく、業務全般でのご提案をいただいたり、電子書籍などのデジタルコンテンツやEC、通販等の事業支援も相談できればと考えております。
また、コンプライアンスや内部統制対応も支援していただきたい範囲になってくると思います。

これからも頼りにさせていただきますので、是非よろしくお願いします。

ページトップへ