STSストーリー

STSストーリー:株式会社メディアファクトリー 様 - お客様が描く情報システム部門を、お客様と共に創り上げる。

求められる範囲が次第に広がりつつある中、
スタッフもどんどん成長し、進化していく。

榎本:情報システム部門に川原さんが入られた当初と今では世の中もいろいろ変化していますし、御社も大きく成長されて規模やボリューム、業務のレベルなどが大きく変わってきているんじゃないかと思いますが、実際担当されてどうですか。

川原:そうですね、部門に期待されていることは大きく変わっていますし、やっぱり範囲も広がっていますね。当時はホームページインフラもなかったですし、電子書籍に関して言えば部署自体もなかった。そういう意味では、広がりつつある様々な業務と連動していかなければいけない部分が昔よりも増えてきた。
それに役割分担的なものが割と曖昧になっている気がしますね。例えば、総務とシステムという部署の役割でしょうか。管理部門の一部としてシステム部門があるという位置づけなので、特に会社内部の人から見た時に「これはどっちに相談すればいいんだろう」ということが増えてきたり。そういう点が、以前に比べて少し分かりにくくなっているという風に感じますね。

榎本:川原さんとしては、システム部門をこんなふうにしたい、と考えてらっしゃることはありますか?

川原:システムというより、管理部全体を、という点では、今はいろいろ模索中という感じですね。どうあるべきなんだろう、どうあるのが望ましいのか、とか。今のところ、それが私の一つの課題になっていますね。

榎本:そうした変化しつつある環境の中で、当社の常駐メンバー3人がお仕事させていただいているんですが、3人の動き方などについて率直な感想をお聞かせください。たとえば昔と今とで変わった点とか。

川原:そうですね、私自身、業務範囲が少しずつ広がっていくと、システムに関わって実際に手を動かしたり自分で判断したりする割合はどうしても減っていくわけじゃないですか。そんな中で、彼らはシステム担当としてどんどん成長しているので、すごく助かっていますよ。
何かをやろう、という時、私は最初の1、2回ぐらいしか打ち合わせに出ないんですよ。で、後はよろしくという感じ。よろしくと言っている間に、こちらは総務、経理や内部統制の業務をやって、その後は、皆の進捗を聞いて違った方向に向かってないかどうかを確認したり、皆が悩んでいる時はアドバイスをしたりするくらい。で、じゃぁよろしく、と。もう完全にそういう形で動いてもらっていますね。

榎本:何か新しいことを彼ら自身が見つけてきて動く、ということはありますか。「こういうふうにした方がいいと思うので、そうさせてください」とか。

川原:現場から相談を受けた時に「こういうのはどうだろう」と提案されることはありますね。まあ、そこはもちろん私が判断しますが。まったくゼロからの状態で、自分から「こういうふうにした方がいいんじゃないか」と言えるようになるのは、まだ先の話だと思うんですよ。でも、今後彼らに期待している部分ではあるんですよね。
もしくは、先ほども言ったように、今は私自身がシステムを今後どうしていきたいのか、という部分を模索中なので、今後そういう部分を一緒に考えていけるようになれたらいいな、と思っています。そういうことって一人で考えていてもなかなか答えが出なかったり、違う方向に行ってしまったりするのでね。

ページトップへ