STSストーリー

STSストーリー:株式会社メディアファクトリー 様 - お客様が描く情報システム部門を、お客様と共に創り上げる。

指示されたことだけではなく、
先を見据えたプラスアルファの提案がある。それがエンジニア。

榎本:最初にお会いしてから4年ぐらい経ちますが、川原さんからは、システムサポートという会社を全然ご存じない中、お仕事いただいたんですよね。

川原:そうですね。御社を初めて知った当時は、EUC(*1)やヘルプデスクの作業を派遣社員の方にやっていただいていましたが、指示した、お願いした以上の作業を期待することができず、なかなか管理が難しいという状態だったんです。そこで、個々が与えられた役割でしか作業しないのではなく、チームでいろんな仕事をすることを一緒にできないか、と御社に相談したのが最初だったと思います。

榎本:それで当社を選んでいただいたわけなんですが、その時の当社の印象っていかがでしたか。

川原 信治 様
株式会社メディアファクトリー
経営管理部 管理グループ
グループマネージャー

川原:うん、組織としてやってくれそうだなというのは、すごく感じましたね。実際、ベンダーと言いつつも、人を入れて「はい終わり」というような、普通の派遣会社に近いようなところもたくさんあるじゃないですか。でも御社がそういう企業じゃないというのはすぐに分かった。だったら、我々が求めていたチームとしてやってくれそうなんじゃないかな、と思ったんですよね。

榎本:ありがとうございます。当社のスタッフが常駐することになってから今まで、コミュニケーション基盤、基幹インフラ、ホームページインフラだけでなく、内部統制の部分もそうですが、情報システム部担当として必要とされるもののほとんどに関わらせていただくようになりました。

川原:そうですね。何でも一緒にやっていただいているので、非常に助かっています。特にこちらが、こうしてほしい、ああしてほしいと具体的にオーダーしなくても、動いていただけるのでありがたいですね。やっぱり、そこがそれまでお願いをしていた派遣社員の方との大きな違いだと思うんですよね。
さらに御社は、こちらがお願いしたことについて、きちんとやってくれるだけではなく、「もっとこういうふうにしたほうがいい」とか「実はこういうこともできる」というふうに別の提案もしてくれて、プラスアルファがある。そういう点で御社にお願いをしているわけです。

榎本 美希
システムサポート東京支社
BS事業部 マネージャー

榎本:ありがとうございます。役割をきっちり分けた形でお願いされている作業しかしない常駐スタッフではなかったという点が、長くお付き合いいただいている一つの決め手だったわけですね。

川原:ええ。もちろん彼らも最初からそうだったわけではありませんよ。初めはそれこそ言われた通りにしかやれなかった部分もありますが、当社に常駐されている間に、社内のシステムがどうなっているのかをだんだん把握してきたからこそ、いろいろな提案もできるようになってきた。それは年々感じています。メンバーそれぞれの仕事勘というのは年々強くなっている気はしますね。安心感は増してるかな、と。

榎本:長年の積み重ねみたいなところが非常に大きいですね。

川原:そうです。それと、出来上がった物の品質も大きなポイントかな。現場から何かを作ってほしいという話が出る時は必ず、何かを実現したい、こういう業務をやりたいという要望がその背後にあるわけで、それを満たさずに「言われたのはここまでだから」という意識で何かを作り上げても、それでは品質がいいとはいえない。それじゃプログラマーですよね。エンジニアは、ここまで、と仕事を区切るのではなく、さらに自分からその向こうにある要望を把握して、物を作る。少なくとも私はそう定義しています。
御社のスタッフは、そういう意味ではエンジニアと呼ぶに値しますね。

*1)EUC:End User Computingの略。システムの利用者が直接的に・主体的にアプリケーションを作成し、業務に役立てること。

ページトップへ