STSストーリー

STSストーリー:北陸信用金庫 様 - シンクライアントシステム導入を通じて提案から保守まで、新たなトータルソリューションの展開を。

常にお客様の目線に立って、
きちんとご説明することが大事。

田圃:導入時に重視したのは管理しやすさという点でして、岡橋さんの方でも将来的には土市さんに管理を任せていくというお話をされていたんですが、土市さんの方では管理面についてはいかがですか?

土市 純也 様
北陸信用金庫 事務部

土市:管理ですか…そうですね、皆さんに比べると私はHyper-V™管理の経験が浅いので、私でも分かるようなやり方だと助かりますね。

田圃:お客様の目線でご理解いただけるようにご説明する、というのは全社員で心がけていますので、「その説明はよく分からない」とどんどん言っていただければ私たちもありがたいですから、ぜひ。

森内:「困ったな」という時には、このメンバーに相談していただければ何らかの回答を出せると思います。こちらとしても、土市さんの意見はすごく参考になるんですよ。

土市:そう言っていただけるとありがたいですね。

岡橋:今は二次導入をやっているから、常にシステムサポートさんの誰かがいて、何かあった時は聞けるけど、問題は終わった後の体制だね。そのへんを睨んで、一つお願いしたいと思います。

土市:前の時もそうだったんですけど、システム構築されている時は、我々はお任せするしかない。そうした時に一緒にできるようなことがあれば私にとっては勉強になるんですよ。
実際、あまり触る機会がないので、出来上がったものがポンときて、「さあ、やれ」という状態が不安なんです。自分で何か判断しなければいけないのであれば、それに関する知識を理解して進めていきたい。ささいなことでも一つ理解できれば、それがどんどん広がっていくので、こちらとしてもいろいろなことを言っていただきたいんですよ。

岡橋:障害が発生した時には我々素人には判断がつかないからね。何が原因でこうなったのかが全然わからないから、どのサーバがおかしいのかを見ていかなければいけないんだけれど、そうなってくると下手に触っていいのか、という部分はあるね。

田圃:そうですね。システムの知識をより深めていただけるよう、実際に触って頂き、ご説明させていただければと。

土市:作業していただいてるところを後ろから声かけてお聞きしたりしてもいいんですかね?

堀:もちろんですよ。気軽に声をかけていただければありがたいです。

田圃:「これが分からない」という話がある時は、きちんと一からご説明させていただきますので、分からない時点で「分からない」と言っていただければ大丈夫です。

ページトップへ