BACKSTAGE
STSエピソード

今まで手掛けたことのない案件も、
皆で協力しながら成功へ。

ハードな案件だったからこそ、その経験が今後も活かされる。

田圃 佳代
ICT事業部 営業企画部

田圃:本勢さんは普段はアプリケーションをやってるSEさんですが、今回はフルでパッケージベースのセットアップ、しかもただセットアップするだけじゃなくて、先方の運用設計も考慮しないといけない案件でしたけど、今後、こういう案件についてはどうですか?

本勢:うーん、ハードルは高いですね。でもすごく勉強になったとは思います。

田圃:そういう意味では、その後の本勢さんに今回の経験が活かされているんじゃないかなと思いますよ。

本勢:そうですね。あの後、別の案件でもリーダーとして頑張れているというのは、お客様側から見た視点を自分で設計に取り入れるという経験が、やっぱり役に立っていると思います。

田圃:鈴木さんが担当したインフラ部分って、スケジュール的には一番先に仕上げないといけない部分ですけど、そういう意味でプレッシャーもかなりあったんじゃないですか?

鈴木:ADの移行日が決まっていたんで、それまでには必ず仕上げないといけませんからね。現場なので作業時間が限られているというのもあるし。その辺りでプレッシャーがありましたね。
でもサーバに上げる作業自体はスケジュール通りに進められたと思います。

森内:Hyper-V™っていう全国的に見て情報や導入事例が少ない案件を手掛けることに対して、私の中にもプレッシャーがあったんですけど、それぞれメンバーが最後までやってくれるという信頼もあったので、任せた結果、きちんと完成したというところでは非常に良かったと思います。

堀 斉
ICT事業部 イノベーションサービス部

堀:まあ、今回の案件に関しては、お客様の岡橋さんがすごい人だったと思う。

森内:確かにそうですね。困った時に岡橋さんに聞いてみると、大体答えてくれるんですよね。「なんだこの人、何でこんなに詳しいんだ!?」とか思って。そういう意味では、技術者レベルの話にいきなりダイレクトで回答が来るから本当に助かりました。

田圃:土市さんからは「何を聞いていいか分からない」というお言葉があって、当社としてもお客様側がきちんと管理できる仕組みやサポート体制を考えていかないといけませんね。
結論としては、今回の事例は技術的なこともさることながら、皆でコミュニケーションを取り合って進めてきたことが大きいですね。仕入れ先のメーカーさんとのつながりであったり、社内でのつながり、お客様とのつながりとか。

森内 勇八
ICT事業部 イノベーションサービス部

森内:今回は社内でいろいろな情報共有ができたので、そういう意味では良かったですね。今後はこの一次メンバーの一人ひとりを軸にしたチームを増やして体制を整えて行きたいですね。

田圃:そうですね。今回の実績を活かして、より多くのお客様にご提案していきたいですね。
シンクライアントというのは導入にコストがかかるという現実はあります。しかし、一つ一つの細かな部分でコストをかけすぎていないかを徹底して見直すことで、シンクライアントって、案外コストを抑えて導入できるんですよ。このことを知っていただいて、もっと導入していただけるように、今後もお客様にとって最適な提案を続けたいなと思います。

Case Studies