事例紹介

将来の拡張性と冗長構成に重きを置いた、仮想化基盤の構築
仮想化ソリューション小売・配送
■ お客様情報
業 種:
小売・配送企業
ご紹介:
Eコマース(電子商取引)サイトを通じて販売した安全な食材・商品を、自社の物流機能で直接自宅まで届ける小売・配送業を手掛ける。

事例について

概要 物流サーバの老朽化に伴う、より幅広いパフォーマンスに対応できるシステムの導入。仮想化システムの市場でトップシェアを誇るVMware社の製品を採用し、拡張性、冗長性に重きを置いたインフラ環境を構築した。データベースにはOracle®を採用し、全体のパフォーマンス向上と安全なデータ移行も合わせて実施した。
作業内容 本システムについては既存のサーバが存在し、設計・構築・データ移行を実施いたしました。
H/W機器・S/Wの調達。
詳細:Server、UPS、Storage、VMware®、GuestOS、Oracle Database

事例内容

 ECサイトを使った小売業を手掛けられているお客様からのご要望は、古いHWのリプレースに際して、パフォーマンスを向上し、冗長化構成を取ることにより安全性を高めることでした。
 私たちは当初、Oracle Databaseによるパフォーマンスの向上をご提案しようと思っていましたが、お客様からビジネスの現状を詳しくお聞きすると、将来的にサーバ台数の増加が必要になりそうなことが分かりました。そこで、サーバの機能をソフトウェア上で再現する仮想化を行って、将来の拡張性に柔軟に対応できるシステムを考えました。VMware社製品の機能を使って、処理ごとの負荷に応じた性能拡張に対応し、もしもの際のトラブルに対応するためのアクティブスタンバイ体制を構築することで、サーバの高可用性を確保したのです。
 データベースに関しては、従来のシステムではリソースの負荷過多から一時的に能力の低下が見られることがありましたが、今回のシステムでは求められるパフォーマンスを十分に加味した構成にすることで、お客様が望まれている安定運用を現実のものといたしました。
 これまでのお客様のシステムはシングルサーバだったため、管理担当者はサーバトラブルが夜中に発生した場合でもすぐに対応しなければならず、その負担は決して少なくないものでした。今回ご導入いただいた仮想化システムでは、いつサーバにトラブルが生じても、処理は自動的にアクティブ状態にあるもう一つのサーバ側に切り替わって行われるので、トラブルのたびに対応に迫られていた管理担当者の負担は大きく軽減されました。お客様からは、サーバの安定した処理能力が得られただけでなく、社員の就業環境が改善されるなど、有形無形の効果が表れているとの評価をいただいています。
 今回の案件では、コンピュータを仮想化するソフトウェア「VMware vSphere™」に関して豊富なノウハウを持った技術者が当社に何人もいたことが決め手になったと思います。開発、設定を進める中で、次々と出てくるお客様の要望に対応しながらも、予定通りに納品して稼動することができました。納品後もトラブルはまったく発生していません。これらを通じ、お客様からは当社の柔軟性と対応力に高い評価をいただき、すでに次の仕事のお話をさせていただいています。
 今回のお客様に限らず、企業が扱う情報は増加の一途をたどるケースがほとんどです。中には、情報の増加に対して複数のサーバで対応されているところも多いと思いますが、そうなると必然的にシステムが複雑化し、サーバの数が増えることで管理担当者の負担が大きくなるだけでなく、トラブルを誘発しやすくなります。そのような企業にこそ、仮想化を施すことで情報システムをシンプルなものにし、拡張性と柔軟性に富み、メンテナンス性にも優れた情報基盤環境の構築を検討されることをお勧めします。

担当より
独立系のシステムインテグレーターとして、常にお客様の立場にたった柔軟性に富んだご提案をいたします。仮想化ソリューションにおいては、豊富な経験とノウハウを持つスタッフが多くいますので、いかなるご要望にもお応えします。

事例情報

お客様の
課題
  • システム更新後も従来と同様のパフォーマンスを維持したい。
  • 処理負荷の変化に対応できるシステムの柔軟性を確保し、安全性を高めたい。

  • サーバにトラブルが発生した際、代わりのシステムに切り替えて対応できるようにしたい。
導入効果
  • 仮想化によって、将来のシステム構成の変化にも柔軟に対応できるIT基盤を確保した。

  • H/A構成を取ることにより、高可用性を確保し、トラブル発生時に代替システムに切り換えられるようになり、管理者の負担を減らすことができた。


機能

概算費用

特記事項

ご紹介している事例についてのお問い合わせ

「お問い合せ」ページに移動し、メールフォームが起動します。

ページトップへ